FC2ブログ

この国の未来を考える

司法取引は本当に大丈夫なのか

「国策捜査」と言われ始めているけれど

 

 韓国大法院の徴用工判決について書こうと思っていたのですが、日を追うごとに冷静な論評が増え、さらにはBTS問題も落ち着いてきたので「韓国の日本離れ」という視点で書こうとしたら、とても大きなニュースが入ってきました。

 

 政治家や芸能人が逮捕されても今さら驚きも意外だとも思わないけれど、さすがにゴーン氏に関しては〝ビックリ〟しました。

 

 第一報に接した時、容疑は何なのだろうと思ったのですが、金融商品取引法違反と聞いた際には少し違和感を持ちました。確かに有価証券報告書虚偽記載ですから、決して軽い罪ではありません。これを許したら株式市場が成り立たなくなりますから、容疑が事実なら罰を受けるのは当然です。けれども、なぜ違和感を持ったのかというと、これっていくら権力があったとしても一部の人間で行うとしたら、かつての西武の堤氏のように〝独裁〟状態でない限り無理だと思うからです。

 それなのに日産の素早い会見です。そこでは横領や不正行為があったと匂わせ、しかも特別背任の可能性まで言及しているのです。何とも手際が良いというか・・・・さらにはゴーン氏に権力が集中したのが原因とまで言ったのです。ついツッコミを入れたくなりました。

「その間、いったいあなたは何をしていたの?」

 

 私の疑問がさらに深まったのは、背任や横領や不正行為が社内調査で確認されたと言うのなら、なぜ金融商品取引法違反なのか? 本来なら「特別背任」で告発するのが常識だと思うのです。

そんな感想を抱いていたら、翌日のダイヤモンドオンラインだったかヤフーニュースだったかは忘れましたけれど、日産とルノーの統合を阻止するために経産省が主導している「国策捜査」ではないか、と言及している記事を目にしたのです。

 

いったい、どういうことなのでしょうか?

 

 今日の東京新聞の夕刊では、特捜部は日産に対して法人としての責任を問うようだ、と報道されています。まぁ当然と言えば当然ですが、そもそもこれだけ長い期間虚偽記載が見抜けなかった、というか見過ごされてきたこと自体が問題なのです。要するにガバナンスがまったたく機能していなかった。

 けれども日本の新聞などは「ゴーン氏個人の問題」に偏りかけているように思えてなりません。もし本当に個人的な流用が事実で、さらには経営に関しての不正行為があったのなら、日産に損害を与えた可能性も出てくるので厳しく問われるのは当り前です。しかし報道では、日産の社内調査ではとか、関係者の証言ではとか、または検察からのリークらしきものが氾濫しているだけです。まるで〝ゴーン氏一人が悪い〟という世論形成をしているように見えるのです。

 

 確かに逮捕されて二日ですから、ゴーン氏側の言い分というか情報が出てこないのは仕方がありません。いずれは出てくるでしょうが、些か心配になるのは、今回の件がはたして立件できるのか、または立件したとしても公判維持ができるのか、という声がすでに出ていることです。その原因は、ズバリ「司法取引」にあるようです。

 

 成立時から色々危惧されてきた〝欠陥法〟ですが、本当に大丈夫なのでしょうか。それでなくても人権侵害の甚だしい国なのです、ニッポンは!

森友事件すら立件できない日本の検察が、何か重大なミスをやらないか心配でなりません。なにしろ逮捕した相手は「カルロス・ゴーン」ですからね。人権侵害を引き起こしたら、たぶんフランス政府が黙っていないでしょう。ちなみに東京新聞の夕刊では、ルノーがゴーン氏の解任を見送ったと報じています。

まぁとりあえず事件の行方を注視したいと思いますが、参考としてリテラの記事を掲載しておきます。

 

日産ゴーン会長を逮捕した検察の裏! 司法取引を使いたがった特捜部長、ルノーと統合阻止する国策捜査説も

(リテラより 2018.11.21付け)


スポンサーサイト



ご都合主義のネトウヨたち

独裁国家に潜入したら・・・・

 

 現在の中国には、外国人の立ち入りに公安の許可が必要な禁止区域があります。観光客であろうがジャーナリストであろうがビジネスマンであろうが例外はありません。軍の施設が集中しているような所であればそれも仕方がないでしょう。けれども中国にとって〝見せたくない〟状況がある地域、要するに少数民族を弾圧している地域が存在しているのです。それは軍事とはまったく関係がありません。

 

もし外国人が許可を得ずに勝手に行って見つかれば、逮捕・拘禁されて厳しい尋問を受けるか、もしくは拷問まがいの行為を受ける可能性があります。国外退去ならいい方で、最近では起訴されて有罪になり、命は奪われないとしても厳しい判決が出る傾向があります。けれども起訴内容が「スパイ行為」であれば死刑もあり得るのです。

上記の地域で代表的なのは「ウイグル自治区」「チベット自治区」です。私の知っている範囲では正式な取材許可が下りることはまずないらしく、仮にあったとしても公安の監視下、もしくは共産党が用意した場所と人にしか取材ができないと聞いています。

 

社会主義を標榜している国は共産党が支配しているのが大半ですが、いわゆる〝一党独裁〟という状態です。一党独裁と民主主義が合致することがないのは言うまでもありませんが、独裁している側にも言い分があるようです。ならば、どうして自由に取材させないのでしょうか。中国共産党が正しいと言うのなら国民の生の声を聞いてもらえばいいのに、と私は思うのです。けれども決してそんなことはしない。なぜでしょうか? それは簡単です。言い分と事実が違う、または国民から本当に支持されているか自信がない。

 

 他国の在り方に口を出したくはないので、これ以上は言及しませんが、なぜこのようなことを持ち出したかというと、それは安田純平氏の件があるからです。

 彼は紛争地帯(戦争状態)に行き、そこで武装勢力に拉致されて人質になった。日本政府が「行くな!」と言っているのにも係わらず。だから助ける必要などないという「自己責任論」が未だに多く見られます。もっとも、アホな一部のタレントたちとネトウヨだけですが。

 

 そこで、こんな〝アホ連中〟に聞きたい。もしフリーのジャーナリストがウイグルやチベットに潜入して逮捕され、しかもスパイ行為として死刑判決を受けても同じことを言いますか? もちろん大手新聞社やテレビ局の記者でも同じです。

 

ネトウヨ新聞と化した産経や読売は、なぜ極秘裏に記者を派遣しないのでしょうか? 実態の報道をすれば間違いなく〝スクープ〟であり、反中の人々から喝采を浴びるでしょう。まぁ産経は常駐記者を認められていないから、それこそ決死の覚悟で行かねばならないのですが。でも、そんな根性も気概もないでしょう。

 

アホなネトウヨの屁理屈で言えば、中国政府だけでなく日本政府も「行くな」「報道するな」と言っている地域に行けば、これも「自己責任」になるはずです。しかし、もし実際に敢行してジャーナリストが逮捕されたら、日本政府に「救え!」と言うのではありませんか? 

 

要するに、相手が気に入らない国や民族、または日本と友好的でない国であれば、ただ単純に攻撃したいだけなのです。だから、その材料を与えてくれたジャーナリストは助けるべきだ、となるのです。これこそ〝ご都合主義〟の典型と言うべきでしょう。

もし「自己責任論」を振りかざすなら、日本政府の指示に従わない人間の行為は、すべて本人の責任ということになります。しかし前述したことを実際にやったら、それこそジャーナリストを「英雄だ!」と叫ぶことは間違いありません。

ホントにろくでもない連中ですね。それと私はテレビを観ないから知らないけれど、ネットの風潮に乗っかって安田氏を非難するタレントも酷いようです。でも、こんな連中は放っておきましょう。なぜなら、テレビ局から干されないために必死になって演じている、自らの魂を売り渡した〝哀れな人〟たちですから。そう、可哀想な人たちなのです。

 

最近、愚かな安倍政権が中国共産党に接近しています。その中身はともかくとして、安倍応援団たちの中国批判がおとなしくなりつつあります。そうなると「安倍ちゃん大好き」ネトウヨ人間たちの行動も見えてきます。それは中国共産党が本当に嫌がる報道をするジャーナリストが、もし中国で拘束されたら、間違いなく「自己責任」と非難することです。だって、せっかく中国と仲良くやろうとしているのに〝足を引っ張る〟わけですから、ネトウヨの論で言えば、これも「反日的行為」になるからです。バカに付ける薬はないと言うけれど、本当ですね。

 

 

過去は優れた戦場報道をしていたけれど


ベトナム戦争に於いて記者の派遣が多かったのは、西側諸国の中ではアメリカに次いで日本なのです。アメリカは当事者ですから当然ですが、少なくともアジアでは日本の報道が群を抜いていました。当初はアメリカ支持でしたが、次第にベトナム戦争反対へと大半の報道機関がシフトしてゆくのです。それを当時の佐藤政権は苦々しく思っていたようですが、それでも現在の安倍政権のような介入はしなかったようです。

 

実は、ベトナム戦争に於ける日本の報道機関は高く評価されているのです。ご存知でしたか? できれば特に若い人たちに、この事実を知ってほしいものです。あなた方の祖父の世代のジャーナリストたちは実によく頑張った。ただし戦場で生命を落とした記者は、私の記憶がはっきりしていないですが、確か一桁ではなかったはずです。これだけでも戦場報道の厳しさが理解できると思います。

 

しかし19908月、イラクがクウェートに侵攻したことから始まった湾岸戦争(第一次イラク戦争)の際、1991117日にアメリカを主力とした多国籍軍が反撃を開始しました。バグダッドを空襲したのです。

当時、そのバグダッドに残ったジャーナリストは僅かでした。代表的なのは敵対国であるアメリカ・CNNのクルーですが、電話で空襲の様子を伝えているのを今でも覚えています(TBSのNES23で流していた)。その他にも数人が残っていたようですが、基本的にはイラク政府から国外退去を命じられたこともあり、BBCなどは抵抗したようですが、泣く泣く撤退したと聞いています。

 

では日本の報道機関はどうだったのか? これは後でわかったことですが、イラク政府は日本の報道機関に要請はしなかったようなのです。なぜなら、アメリカ支持であっても多国籍軍に自衛隊が参加しているわけではないからです。ところが危険であるという理由で日本の記者たちは、117日より前にバグダッドから撤退したのです。もちろん社命であるのも事実ですけれど。

あるジャーナリストは自らのコラムで書いていましたが、フリーも含めてバグダッドに残ったジャーナリストがいないかどうか可能な限り調べたそうです。結果は一人もいなかった。そのジャーナリストは、こう嘆いていました。

「自分だったら社命には従わない。もしイラク政府から撤退しろと言われたら、現地の人々に紛れ込んで身を隠す。もちろんそれでは十分な取材はできないだろう。けれども空爆を受けている瞬間こそがスクープなのだ。これこそがバグダッドに残る意味なのである。もちろん無事に帰国することが大前提であることは言うまでもない。しかしそのために取材を放棄したら、それはもうジャーナリストではない」

 

 ちなみに、この人のベトナム報道記事はとても高い評価を受けています。もちろん言い分に対しては様々な意見があろうかとは思います。しかし重要なのは、少なくとも1960年代から1970年代にかけての日本のジャーナリズムは、上記のような気概を持っていたことです。

なぜならベトナム戦争だけでなく、軍事政権下で数々の弾圧が行われた韓国では、民主運動家たちを秘かに支援し、命懸けでもらった情報を記事にした日本人記者たちがいたのです。主に朝日新聞と毎日新聞ですが、当時の運動家たちにとっては唯一の希望だったことは間違いありません。こうした事実がわかってきたのは、韓国が民主化されてから20年近く経ってからでした。なぜなら、もう弾圧されて殺される危険性がなくなったからで、当時の運動家や日本人記者が語り出したからです。

 

 どうですか、みなさん。不十分な部分は確かにあるけれど、少なくとも昔の報道機関は今よりマシだったのは事実なのです。しかし報道機関を支えるのは読者である市民ですから、それを考えると昔の日本人の方がマシだった、ということになってしまうのですが。確かに、戦場報道をする記者に対して「自己責任」なんて決して言わなかった!

 

 そうそう、付け加えておきます。第一次イラク戦争の時に、アメリカのCBSのクルーがクウェートに入ってイラク軍に拘束されました。これは局から命じられたものではなく、現場のクルーたち判断で行ったことです。その理由はいたってシンプルで、

「クウェートはどうなっているのか?」

 

最終的にクルーたちは停戦になるまで解放されませんでした。けれどもCBSをクビにもならず、無謀な行為と批判はされたものの、それ以上に「勇気ある行動」だったと称賛されたのです。もちろん何の罪にも問われていません。ちなみにアメリカ政府は、あらゆる外交ルートを通じて「生命の保障」を要求したと、後に報道された記憶があります。

 まぁアメリカという国の問題点は多々あるとしても、このジャーナリズムに対する精神と、それを守ろうとする気概と根性だけは見習うべきでしょう。


 | HOME | 

 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
2019年は強権国家への道を阻むことができた最後の年だったと、20年後や30年後に言われているかもしれません。もっともその時、日本という国家または日本人という民族が存続しているのかわからないけれど。
今夏には参院選があり、同日選も取り沙汰されています。ここで、少なくとも参院選で与野党が逆転しなければ「安倍独裁」が冗談ではなくなるでしょう。けれども野党の動向を見ていると心もとないと言うしかありません。しかし諦めたらそれで終わりです。微力ながら発言を続けていきます。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


政治ランキング

より多くの人に読んでもらうために

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

カテゴリ

この国の未来 (167)
未分類 (0)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん