FC2ブログ

この国の未来を考える

深い闇を持った、この国の首相

総理大臣が過去に選挙妨害?

 これだけ暑いと記事を読むことや文章を書くことが億劫になります。エアコンをかければ凌げますが、掛け過ぎも身体には良くありませんからね。人生を社会の末端で生きてきましたから、エアコンがない仕事場も(外ですけれど)珍しくなかったので、基本的に暑さには強い方ですが、安倍関係者が色々とやらかしてくれるので、寝苦しい夜がまだまだ続きそうです。

 

ということで今回は簡単にします。まずは下記の動画をぜひ観てください。

 

1-1【対談】山岡俊介×寺澤有氏(安倍首相・重大スキャンダル)第106回草の実アカデミー 2018.07.28

 

2-2【質疑応答】山岡俊介×寺澤有氏(安倍首相・重大スキャンダル)第106回草の実アカデミー 2018.07.28

 

※リテラでも、この件については記事を掲載していますので、全体像を知るにはそちらも参考にしてください。

 

 事件については、当時「噂の真相」という雑誌を読んでいたので知っていました。ただ当時でも、なぜか全国紙での報道は小さかったと思います。
 まぁ昔から、特に自民党については暴力団との関係はありました。ただしそれが右翼団体なのか暴力団なのか、その判別が難しい部分もありますけれど。ついでに言えば「組合潰し」にヤクザが使われたのは公然の事実ですしね。ですから驚きはしないのですが、やはり問題は安倍晋三という人間の特性です。

 

この問題に限らずですが、安倍晋三氏は「抗う人間をとことん貶める」という記事をよく目にします。とにかく粘着質というか、陰険で陰湿だとか・・・・。
 この件が事実かどうかは私には判断できませんが、一つだけ言えるのは「人間性に深い闇」があることです。さらに言えば安倍晋三氏は、間違いなく「歴史に名を残す」でしょう。それも〝稀代の悪人〟として。
 良かったですね、安倍さん。あなたのお爺さんと同じになりましたよ。しかも〝暗殺〟を繰り返し行った明治の元勲たちとも肩を並べるかもしれません。なぜなら安倍さんがやっていることは社会的抹殺ですから、現代版の〝暗殺〟と言えるからです。

 

 

 

東京新聞・84日朝刊より

女性減点「#怒っていい」 ツィッターに怒り、批判拡大
という記事の中に、こんな文章がありました。
▲フランス大使館も呼応。「一律減点」「東京医大」などのハッシュタグを付けた上で、自国の大学医学部では女子学生の割合が2016年は64.1%と紹介し「皆さん、ぜひフランスに留学してください」と投稿。フィンランド大使館も「女性医師の割合は57%と世界で三番目に高いんだ」とつぶやいた。(赤字は筆者)

 

 できればフランスかフィンランドで老後を過ごしたいと思ってしまいました(笑) でもねぇ、もし私に娘がいたら「日本に未来はない、女性を大切にする国で生きろ」と言うでしょう。もっとも前回も書きましたが、気の利いた日本の女性は、すでに出ていっているか、もしくは出ようとしているでしょう。
 でもそれは、本当は困るのです。なぜって? だって杉田水脈議員みたいな女性ばかりになってしまう・・・・、うわぁ、想像しただけで〝吐き気〟がしてきた
 どうか賢明な日本の女性のみなさん、もっと怒って、この国を変えてください。老人という部類に入った私も、微力ですが手伝ってゆきたいと思います。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/181-04a08bbe

 | HOME | 

 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
2019年は強権国家への道を阻むことができた最後の年だったと、20年後や30年後に言われているかもしれません。もっともその時、日本という国家または日本人という民族が存続しているのかわからないけれど。
今夏には参院選があり、同日選も取り沙汰されています。ここで、少なくとも参院選で与野党が逆転しなければ「安倍独裁」が冗談ではなくなるでしょう。けれども野党の動向を見ていると心もとないと言うしかありません。しかし諦めたらそれで終わりです。微力ながら発言を続けていきます。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (164)
未分類 (0)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん