FC2ブログ

この国の未来を考える

今回の沖縄知事選で問われるもの

故・翁長前知事の意志とは何か

 

 沖縄知事選の与党側候補の擁立がやや迷走気味です。もちろん玉城氏は候補者として申し分がないと思います。それはプロフィールを見ても、旧民主党を離党した経緯からも見ても、翁長氏が後継者として考えても不思議ではないからです。

 

在日米軍2世・玉城さんが沖縄県知事になるのは意義がある|室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」(日刊ゲンダイDIGITALより 824日)

 

しかしこのままでは、仮に立候補しても負ける可能性が高いと思います。

 

【沖縄県知事選】 玉城後援会が選挙支援態勢に懸念 あす小沢代表と最終判断

 (田中龍作ジャーナルより 826日)

 

 選挙ですから勝てる態勢を模索するのは当然です。けれども「オール沖縄」ありきになり過ぎてもいけないのではないでしょうか。翁長氏の言葉を思い出して欲しいのです。なぜ「イデオロギーよりもアイデンティティ」と言ったのか。

 

 そこには、どこぞのグループの支持がなければダメとか、保守とリベラルと左翼が手を組んだ、などではないのです。「オール沖縄」になったのはあくまでも結果であって、沖縄に新たな米軍基地は作らせない、という信念の下にできたもののはずです。

そしてそれは、過重な基地負担を減らしてくれ、もうこれ以上沖縄の人間を米軍人の犯罪被害者にしないでくれ、という心の底から湧きあがった叫びであり、聞く耳を持たない「ヤマトンチュウへの怒り」でもあったのです。翁長氏の行動は、それを体現したものだったからこそ多くの人が集まったのです。

 

 玉城氏が、もし出馬するのなら勝ち負けは二の次なのです。確かに負ければ大きな痛手になることは間違いありません。しかし新潟知事選のように、票欲しさに迎合して当選したとしても足を引っ張られるだけです。だったら最初から、自分の主張に同意できない人は支持をしてくれなくてもいい、と言えばいいのです。

 

 翁長氏と同じ考えだから、彼が目指したことを実現するための行動を取る、と表明すれば十分です。それは、まさしくイデオロギーよりアイデンティティになり、それに同意できない人は、ヤマトンチュウからの施しをあてにして自公の軍門に下るでしょう。むしろ、誰が「本物の琉球の民」なのかわかるはずです。


 

 

沖縄の自立とは「琉球」になることだ

 

 仮に今回の知事選で負けたとしても、そこですべてが終わるわけではありません。自公と維新の薄汚い連中たちは、自分たちこそが分断を煽っているのに、厚顔無恥にも「沖縄を分断するな」と言っています。

 けれどもこれは認識が間違っている。分断ではなく選択なのです。自立した琉球人として生きてゆくのか、それとも、ヤマトンチュウから施しを受ける「飼い慣らされた沖縄県民」として生きてゆくのか、という・・・・。

 

沖縄県知事選の前哨戦、「名護市議選」が決める沖縄の将来

(ハーバービジネスオンラインより 823日付け)

 

 この記事を読んで正直怒りを覚えました。人間はここまで堕落し、なおかつ魂まで売ることができるのか、と。

 詳細は記事を読んでもらうとして、それにしても現在の名護市長は〝最悪の人物〟と呼ぶべきです。そして公明党と創価学会は酷すぎる。末端の会員たちは善良な人が多いことは知っているけれど、それでもこれは・・・・。もうこの国にとっては〝害〟以外の何ものでもないようです。

 

 玉城氏はこれを争点にすべきです。そう、施しを受けて生きてゆくのか? と。給食費を基地交付金で賄ったら、それこそ「基地で食べさせてもらっている」となってしまうではないか。あれだけ否定してきたのに、そして事実も決して基地に依存していないのに。これではネトウヨたちが喜ぶだけだ!

 

 名護市民のみなさん、あなたたちは、自らの子供を「基地のおかげで給食が食べられた」と蔑みの対象にするのですか? 一部のアホな日本人たちの差別意識があるのは知っていると思うけれど、それが子供たちに向けられることは間違いありません。そしてこんな施しを受けたら、自ら進んで嘲笑されるようになったと、後世であなた方の子孫たちが必ず嘆くでしょう。

 

玉城デニーさん、琉球としての誇りを選挙で掲げてください。そうすれば翁長氏の後継者だけでなく、真の意味での琉球のリーダーになるでしょう。


スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/183-4ced1c20

 | HOME | 

 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
2019年は強権国家への道を阻むことができた最後の年だったと、20年後や30年後に言われているかもしれません。もっともその時、日本という国家または日本人という民族が存続しているのかわからないけれど。
今夏には参院選があり、同日選も取り沙汰されています。ここで、少なくとも参院選で与野党が逆転しなければ「安倍独裁」が冗談ではなくなるでしょう。けれども野党の動向を見ていると心もとないと言うしかありません。しかし諦めたらそれで終わりです。微力ながら発言を続けていきます。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (164)
未分類 (0)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん