FC2ブログ

この国の未来を考える

司法取引は本当に大丈夫なのか

「国策捜査」と言われ始めているけれど

 

 韓国大法院の徴用工判決について書こうと思っていたのですが、日を追うごとに冷静な論評が増え、さらにはBTS問題も落ち着いてきたので「韓国の日本離れ」という視点で書こうとしたら、とても大きなニュースが入ってきました。

 

 政治家や芸能人が逮捕されても今さら驚きも意外だとも思わないけれど、さすがにゴーン氏に関しては〝ビックリ〟しました。

 

 第一報に接した時、容疑は何なのだろうと思ったのですが、金融商品取引法違反と聞いた際には少し違和感を持ちました。確かに有価証券報告書虚偽記載ですから、決して軽い罪ではありません。これを許したら株式市場が成り立たなくなりますから、容疑が事実なら罰を受けるのは当然です。けれども、なぜ違和感を持ったのかというと、これっていくら権力があったとしても一部の人間で行うとしたら、かつての西武の堤氏のように〝独裁〟状態でない限り無理だと思うからです。

 それなのに日産の素早い会見です。そこでは横領や不正行為があったと匂わせ、しかも特別背任の可能性まで言及しているのです。何とも手際が良いというか・・・・さらにはゴーン氏に権力が集中したのが原因とまで言ったのです。ついツッコミを入れたくなりました。

「その間、いったいあなたは何をしていたの?」

 

 私の疑問がさらに深まったのは、背任や横領や不正行為が社内調査で確認されたと言うのなら、なぜ金融商品取引法違反なのか? 本来なら「特別背任」で告発するのが常識だと思うのです。

そんな感想を抱いていたら、翌日のダイヤモンドオンラインだったかヤフーニュースだったかは忘れましたけれど、日産とルノーの統合を阻止するために経産省が主導している「国策捜査」ではないか、と言及している記事を目にしたのです。

 

いったい、どういうことなのでしょうか?

 

 今日の東京新聞の夕刊では、特捜部は日産に対して法人としての責任を問うようだ、と報道されています。まぁ当然と言えば当然ですが、そもそもこれだけ長い期間虚偽記載が見抜けなかった、というか見過ごされてきたこと自体が問題なのです。要するにガバナンスがまったたく機能していなかった。

 けれども日本の新聞などは「ゴーン氏個人の問題」に偏りかけているように思えてなりません。もし本当に個人的な流用が事実で、さらには経営に関しての不正行為があったのなら、日産に損害を与えた可能性も出てくるので厳しく問われるのは当り前です。しかし報道では、日産の社内調査ではとか、関係者の証言ではとか、または検察からのリークらしきものが氾濫しているだけです。まるで〝ゴーン氏一人が悪い〟という世論形成をしているように見えるのです。

 

 確かに逮捕されて二日ですから、ゴーン氏側の言い分というか情報が出てこないのは仕方がありません。いずれは出てくるでしょうが、些か心配になるのは、今回の件がはたして立件できるのか、または立件したとしても公判維持ができるのか、という声がすでに出ていることです。その原因は、ズバリ「司法取引」にあるようです。

 

 成立時から色々危惧されてきた〝欠陥法〟ですが、本当に大丈夫なのでしょうか。それでなくても人権侵害の甚だしい国なのです、ニッポンは!

森友事件すら立件できない日本の検察が、何か重大なミスをやらないか心配でなりません。なにしろ逮捕した相手は「カルロス・ゴーン」ですからね。人権侵害を引き起こしたら、たぶんフランス政府が黙っていないでしょう。ちなみに東京新聞の夕刊では、ルノーがゴーン氏の解任を見送ったと報じています。

まぁとりあえず事件の行方を注視したいと思いますが、参考としてリテラの記事を掲載しておきます。

 

日産ゴーン会長を逮捕した検察の裏! 司法取引を使いたがった特捜部長、ルノーと統合阻止する国策捜査説も

(リテラより 2018.11.21付け)


スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/191-81ae5341

消費税増税での経済不振を打ち消すため財政支出を行い大地震に備えインフラ整備で景気浮揚を図るようだ

 消費税増税での経済不振を打ち消すため財政支出を行い予想されている東南海大地震に備えインフラ整備で景気浮揚を図るようだ、神奈川県では地震に強いとされる水道管の取替え工事が行われている、参考情報:史上最大の500年前の明応の大地震と津波;1495年と1498年の9月に続発した相模トラフ地震と南海トラフ地震 https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/...

 | HOME | 

 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
2019年は強権国家への道を阻むことができた最後の年だったと、20年後や30年後に言われているかもしれません。もっともその時、日本という国家または日本人という民族が存続しているのかわからないけれど。
今夏には参院選があり、同日選も取り沙汰されています。ここで、少なくとも参院選で与野党が逆転しなければ「安倍独裁」が冗談ではなくなるでしょう。けれども野党の動向を見ていると心もとないと言うしかありません。しかし諦めたらそれで終わりです。微力ながら発言を続けていきます。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (164)
未分類 (0)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん