この国の未来を考える

ギャンブルではないオートレースとは?

 このブログを読んでくれる人は、基本的にオートレースの知識を持っているでしょうから現状を理解していると思います。
 一言で表現すれば「当てづらい」・「レースが単調」・「ハンデや番組編成に一貫性がない」など。特に新タイヤになってから、いわゆる出たなりレースが増え、オートレースの持つ本来の面白さが失われています。
 何故そうなのか理由は色々ありますが、知りたい人がいたらGambooサイトの投稿コラムを覗いてみてください。私も含めて多数書かれています。

 「ギャンブルではないオートレース」を論ずる前にギャンブル界の現状認識について簡単に触れます。
 一つの例外もなく公営ギャンブルはピーク時から売上げが落ちています。中央競馬は若干歯止めが掛かったようですが、それでも増える傾向にはありません。要は、どの公営競技とも若年層が減っているという現実です。パチンコ・パチスロをギャンブルと見なすかは別として、こちらも遊技人口は減少を続け、特に20代に関しては、あの手この手で業界が手を打っているにも係らず、改善する傾向が全くありません。
 しかし冷静に考えれば当然なのです。高度成長期に開花した公営ギャンブルや、それを追うようにしてバブル期に成長を遂げたパチンコ業界は、団塊の世代を中心とした人口層の最も多い世代が支えてきました。けれどもこれらの世代は、現役を退いたか目前に控えた人々、又はすでに鬼籍に入った人たちが多くいます。簡単なことなのです。ギャンブル業界を支えた世代が減っただけで、やる人が少なくなれば衰退するのは当り前です。
 では若年層が増えないのは何故でしょうか?これも少し考えれば理解できることです。「人の振り見て我が振り直せ」の言葉通り、上の世代を見ていれば、ギャンブルに手を出すことは愚かだという防御本能が働いているのでしょう。ましてや高度成長期やバブルのような稼ぎを得られないのにギャンブルをやれば、その先には破綻が待っていることを本能的に悟っているのです。
 そう考えれば今の若い人たちは、なんと健全なのでしょうか。上の世代の悪いところを学習し、さらにはギャンブルが持つ危険性を察知し決して近づかない。もちろん全ての若者がそうではなく、ギャンブルに絡め取られている人もいますが。
 現状認識として基本部分を書きましたが、細かい要因は色々あるとしても、先に書いたことは根幹的な部分です。人口が減り、さらには増える要因が見えないのでは、オートレースに限らず公営ギャンブルの未来は厳しいと言わざるを得ません。

では公営ギャンブルの衰退は止められないのでしょうか?

 結論から言えば止められない、否、むしろ無くなるべきでは、と考えます。しかしここでの無くなるべきという意味は「公営」という言葉です。何故なら、国や地方自治体などの「公」がギャンブルの実施主体であることは、どう考えても間違っていると思えるからです。では公営競技と言われる「レース」そのものも無くなるべきなのでしょうか?

 私自身の基本的な青写真は、事業主体はあくまでも民間で、競技自体を実施するのは公益法人が望ましいと思っています。その場合の事業者に対しては、ギャンブル性を低下させる措置と「ギャンブル依存症」対策を義務付けることが根幹になります。競技実施団体を公益法人とするのは公平性を担保するためです。
 上記したことは大枠ですが、もう少し付け加えると下記のようになります。


事業としての基本的形態
民間の事業主体はレース場単位とし、許可・認可制とする。さらに通常の事業と同様な税制とする
レースの番組編成・実施は公益法人とし、各事業者は一切関わらない
レース場での事業はオートレースが中心になるが、公序良俗に反するもの以外は自由とする。ただし周辺住民の同意が前提
レース場内や選手のユニホォーム・バイクなどに広告するのも自由とする(運営・賞金等に充当する)
車券購入の制限性(金額に上限を設ける)
「ギャンブル依存症」対策の具体的な実施

レース形態の変革
全レース・0オープンとし、ランク別選手での6車制とする
選手ランクは、S級・A級・B級・C級の4ランク制にする
ランク間の入れ替え戦を実施。さらに年間チャンピオン制度にする
フライングの厳罰化。フライングを犯した選手はそのレースでの除外・返還。また罰則は、2ヶ月もしくは3ヶ月の出走停止
斡旋等は競争実施法人が行い、番組編成および枠番は全て抽選とする

概要はこんな感じです。では次回からさらに具体的に書いてゆきます。


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ オートレースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/2-9cb4f763

 | HOME | 

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
もうすぐ老人と呼ばれる年齢になりました。
今までオートレース・ギャンブルについて書きましたが、今の日本の状況を考えると、たとえ影響力がなくても、もしかしたら若い人たちに響いてくれたら、という微かな希望を持ってブログを続けようと思います。
偏っていると感じるかもしれませんが、私は個人ですので、ご了承の程をお願いします。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (90)
オートレース (32)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん