この国の未来を考える

ギャンブル依存症対策を法律で義務づけるのは正しいことか?

国がマッチポンプになる? 笑い話ならいいけど・・・

まったくおかしな話です。片方ではもっとやれと煽って、片方では結果として破綻しかけた人を救済しようとする・・・・。
マッチポンプという言葉がありますが、自ら火をつけ、自ら消化をするという意味です。例えば、記者が自ら事件を起こし、真っ先に駆けつけて記事を書く。または、放火した人物が第一発見者となって通報するという愉快犯、といったような類です。
1966年・自民党議員の行った行為がマッチポンプの代名詞となりました。内容を知りたければ調べてください。簡単に検索できますよ。


免罪符を与えて良いのか

「ギャンブル依存症対策を法律で義務づけてほしい」という内容の記事が、129日・毎日新聞のWebに掲載されていました。この発言しているのは「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子氏です。
田中氏の主張は、カジノ自体には反対しないが公営ギャンブルやパチンコや宝くじなどを管轄する省庁がばらばらなことが問題で、省庁を超えて独立的にギャンブルを管轄する機関が必要だ。さらには「ギャンブル依存症は、多重債務や貧困、自殺などの2次的な問題を引き起こす可能性がある。こうした現実に目を向け、既存のギャンブルも含め、予防教育や回復支援などの依存症対策が必要だ」としています。

99%、私には異論がありません。しかし田中氏の主張は100%間違っているのではないか。
その理由は二つあります。一つは、ギャンブル=悪という考え方がないこと。もう一つは、ギャンブルがある限り依存症はなくならない、ということです。
現在でも「公」と称して自らギャンブルを開帳し、巻き上げた金の一部を自治体や国の財政資金にしていますが、今度はカジノという名で民間に「賭博」を開放し、その利益から同じように財政資金にしようとしているのです。
依存症対策を法律で義務づけるというのは、このような行為にお墨付きを与えるだけではないでしょうか。依存症対策費用は全てギャンブル事業者の負担にさせるべきです。なぜなら人間を不幸にして金儲けをしているからです。そんな事業者のために、なぜ税金を投入しなければいけないのでしょうか。
一方ではギャンブルを煽り、一方では依存症の対策もやっていますよ、という、まさしく〝マッチポンプ〟です。本来なら、依存症が発生しないような社会を作ることこそ政府の役割のはずです。田中氏は、国に義務づけるのか事業者に義務づけるのか言及していませんが、国家に義務づけたら、ギャンブルを国家自身がやることの免罪符になってしまいます。

何度でも言いますが、ギャンブル=悪なのです。けれども為政者たちがどんなに厳しく規制し、罰を与えても「賭博」をやってしまうのが人間です。この性(サガ)だけはどうにもならない。だからこそギャンブルをやれば、のめり込む・やめられない・借金をしてしまう・家庭や友人関係を壊す・人生をダメにする、と教えるべきなのです。その責務を負っている国や自治体が自ら開帳し、さらにはカジノからの上納金を当てにする。国がマッチポンプになるとは・・・・。愚かでクレージーだと他国から見なされるのは間違いありません。
田中氏の主張通りになれば国や自治体が、公然と人を不幸にすることを許すことになります。そしてギャンブル依存症対策に税金を投入すれば新しい公共事業の誕生になってしまいます。これは、相当おいしい公共事業です。なぜならギャンブルがある限り、永遠に依存症患者が生産されてゆくからです。


パチンコ・スロットはギャンブルではない

パチンコ・スロットをカジノや公営ギャンブルと同等に扱う人がいますが、これは大きな間違いです。パチンコ・スロットは商売で、しかもかなり悪質なものです。私は「詐欺的手法を用いた金銭収奪機」と呼んでいますが。
パチンコ・スロットが「賭博」ではないという理由は簡単です。胴元であるホール側が勝ち負けをコントロールできるからです。偶然を装っていますが、あくまでも人為的に行われているのです。そもそも〝機械〟に偶然などなく、人間がプログラムしているからこそ演出できるのです。ですから国(警察庁)は、ずっとパチンコは賭博ではない、遊技だと言っていました。業界もそうです。しかし本当に遊技だと主張するなら、換金を実質的に許していることの説明がつきません。普通に法律を適用すればパチンコ・スロット店は激減するでしょう。ということは、日本でのギャンブル依存症の大半はパチンコ・スロットですから、多くの人々が救われるのです。そんな状況にありながらカジノを解禁したらどうなるか、想像しただけでも気持ちが暗くなります。
いったいいつまでこの国はギャンブルに依存してゆくのでしょうか・・・・。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/58-2662368e

 | HOME | 

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
もうすぐ老人と呼ばれる年齢になりました。
今までオートレース・ギャンブルについて書きましたが、今の日本の状況を考えると、たとえ影響力がなくても、もしかしたら若い人たちに響いてくれたら、という微かな希望を持ってブログを続けようと思います。
偏っていると感じるかもしれませんが、私は個人ですので、ご了承の程をお願いします。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (90)
オートレース (32)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん