この国の未来を考える

尊敬される人間の行動とは

歴史上で尊敬されている人物

 ガンジーという人物を知らない人はほとんどいないでしょう。英国からの独立運動における象徴的な人物です。英国で学びながらもインド人であることから差別を受け、さらには弾圧もされましたが、目覚めた彼は最後まで信念を貫き通しました。


 ネルソン・マンデラという人物がいます。これも知らない人はいないと思いますが、この人などは国家反逆罪で終身刑を受け、なんと27年間も獄中にありました。アパルトヘイト(人種隔離政策)に抗い、最終的には大統領まで登り詰めた伝説の人物です。この二人に共通していることは絶えず生命の危険に晒されたこと、マンデラに至っては自由も奪われました。

 

 前回、大手メディアに取り上げられないと「泣き言」を言うのは〝みっともない〟と書きましたが、ガンジーやマンデラ氏をこんな連中と比較すること自体、この二人に対して大変失礼なのは承知しています。けれども少しは見習えというか、爪の垢を煎じて飲め、という意味で敢えて書きました。

 

我那覇真子氏の行動

 我那覇さん、あなたも〝みっともない・恥ずかしい〟と言われる行動を取る典型的な人物のようです。まずは記者会見での発言の一部から、
「・・・日本国民である我々沖縄県民が、在日朝鮮人たる貴方に愚弄される言われがどこにあろうか・・・」
「・・・外国人の身でこれ程の反日活動を行うとは驚きである・・・」

 

 我那覇さん、あなたはいつから日本国民や沖縄県民を代表しているのですか? 少なくとも私は、というより大半の人はあなたと違う考えを持っているのですよ。その現実を見れば「日本国民である我々沖縄県民が」などという文言を我那覇さんが使うのは不適格です。ここでは、日本国民の、または沖縄県民の一人である我那覇真子とすべきではありませんか? なぜなら、私を含めた大半の日本人、そして多くの沖縄県民の方々からすれば、我那覇さんと同列にされる〝筋合い〟などないからです。さらに言えば、あなたと同じ考えを持つ日本人に見られることなど「恥」以外の何物でもありません。

 

 もう一つ付け加えれば、何をもって〝愚弄〟したのかを提示もせずに、このような言葉を使うことは〝失礼極まりない〟だけでなく、あなたの低劣な品性を象徴していると同時に、稲田防衛大臣と同じく人間としての資質を疑います。

 

「・・・反日活動・・・」
相も変わらず繰り返される、お得意の言葉ですね。では、あなたにはこういう言葉を授けましょう。
「奴隷根性・植民地根性に洗脳された売国活動」と。または「日本人に媚びを売る悲しき沖縄人」 
いかがですか? 我那覇さん。

 

「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表運営委員だそうですが、あなたも公開討論を呼びかける相手を間違っています。
 まずは辺野古や高江で反対運動をしている人たちを説得したらどうですか? あなたが正しいと思っているのなら。ただし得体のしれないおじさんたちと行くのでなく、一人で行ってくださいね。おそらく大歓迎されますから。
 なぜなら、たとえ考え方が違ったとしても一人で話をしようとするならば、その勇気と行動に敬意を表するのは当り前だからです。間違っても我那覇さんに危害を加えることなどあり得ません。
 なぜ自信を持ってそう言えるのか。それは権力に対して非暴力で反対する人たちだからです。暴力など振るえば、それこそ自分自身の否定に繋がります。我那覇さんは権力者ではありませんから。
 じかに接してご覧なさい、どういう人たちなのか理解できると思いますよ。我那覇さんの目が曇っていなければ、の話ですが。


辛淑玉さんに公開討論なるものを呼びかけましたが、あなたが本当に話をしたいのなら一人で行くべきです。私は知り合いではないけれど、日頃の言動を見れば真摯な態度で接してくる人間に対して、辛さんは決して失礼なことはしないでしょう。
 沖縄の二紙に取り上げてもらいたいのなら、まずは真摯な姿勢で行動すべきなのです。あなたが無視されるのは破綻している論理のせいだけではありません。人としてどうなのか、という問題にも気づくべきです。チヤホヤしてくれるおじさんたちに守られながら、遠巻きからマイクで訴えても相手の心には響きません。
 我那覇さん、多くの人たちから共鳴を得られる行動、尊敬されるための行動とは何かを、どうか歴史上の人物たちから学んでください。


一つだけヒントを与えます。現在、不当に逮捕・拘留されている反対運動のリーダーの山城博治さんですが、なぜ多くの人々から慕われ尊敬されるのか、その理由を真面目に考えてみたらいかがですか?
 五十年後・百年後、歴史上の人物として残るのは山城氏だと思っています。数々の弾圧を受け、逮捕・拘留されて「犯罪者」にされても信念を曲げない。私には彼の姿が、ガンジーやマンデラ氏とダブって見えてくるのです。
 我那覇真子さん、あなたが歴史のゴミとして扱われないことを願ってやみません。

 

スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/78-9903b01e

 | HOME | 

 

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:カイトアキラ
もうすぐ老人と呼ばれる年齢になりました。
今までオートレース・ギャンブルについて書きましたが、今の日本の状況を考えると、たとえ影響力がなくても、もしかしたら若い人たちに響いてくれたら、という微かな希望を持ってブログを続けようと思います。
偏っていると感じるかもしれませんが、私は個人ですので、ご了承の程をお願いします。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (47)
オートレース (32)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん