FC2ブログ

この国の未来を考える

京都ヘイトラーメン

ヘイトスピーチの影響とは

 「京都ヘイトラーメン」と称した差別言動事件がありました。詳細は、もうほとんどの人がご存知でしょうから内容は繰り返しませんが、またか、という思いです。その後の経過では店主が謝罪の意を表しているので、とりあえず落ち着いたと思ったのですが、昨日(5/6)のヤフーニュースでは、このラーメン店が休業をしたことが報じられていました。休業の理由が伝えられていないので憶測で言及するわけにはいきませんが、コメント欄では店に抗議が殺到したなどと、あたかもヘイトスピーチに反対する人が扇動しているかのようなことが書かれています。

 

 相変わらずというか、呆れるばかりです。店は被害者だというコメントが多いですが、確かに直接の加害者ではありません。しかし動画には、はっきりと笑い声が入っていました。これが全てなのです。店側に差別の意図がなかったとしても、やはり注意すべきでした。少なくとも、ヘイトスピーチを行った者を出入り禁止するぐらいの意志表示が必要だったのではないでしょうか。

 

 そこまでする必要があるのかと思うかもしれません。しかし、たった一つの店の行動によって京都全体の飲食業が、差別を容認するかのようなイメージを様々な国の人々に持たせたとしたら、その影響は限りなく大きいと言わざるを得ません。けれども動画の中に差別を諫める言動が、もし入っていたとしたら、称賛されることはあっても非難されることは絶対にないでしょう。

 

 それにしても韓国の俳優さんが冷静なコメントしているので安心しました。ヘイトをする側とされた側の人間性の差が出ましたね。あのような言動をした張本人は、間違いなく貧困な精神の持ち主ですから、何を言っても無駄だと思います。○○は死ななきゃ治らないとか、○○は死んでも治らないとかの類いなので。

 

 私は差別主義者のような連中に何かを言うつもりはありません。このような相手に対しては無視をするか闘うかのどちらかです。ただ、くれぐれも言っておきますが、こういう人間を心の底から憎む日本人は意外と多いのですよ。気をつけてくださいね。
 このような連中は放っといて、少なくともこのような言動には違和感を持っているけれど、どう考え、どう向き合えば良いのか、それを迷っている人たちに向かって書きます。

 

 

低レベルというか、脳が未発達な人々かもしれないが・・・・

 この事件に対するコメントをヤフーニュースでいくつか読みました。まぁ、脳がお子様レベルとしか思えない者ばかりで、とても真剣には読めませんでしたが。しかし中国や韓国を嫌う人や、差別主義者と排外主義者とネトウヨくんたちは、本当にコメントが好きですね。というか、ある程度の長さの文章を書けないのかな? まぁそれは当然です。それなりの長さの文章を書くためには一定レベルの『論理性』が必要ですからね。ツィッターぐらいならボロが出ない。だからなんでしょうね、SNSの氾濫ぶりは。

 

具体例としては以下の通りです。

◆これは〝やらせ〟だ!
 このようなコメントがとにかく多い。でも普通に考えてください。韓国人俳優さんと差別言動をした人にとってメリットは何ですか? この動画が「炎上」すれば確かに俳優さんの知名度は上がります。もしそれで広告収入が増えればメリットはあるでしょう。実際のところは知りませんが、もし〝やらせ〟と言うのなら証明しなければ説得力はないですよ。

 

◆大袈裟に扱い過ぎる
 もし他の国で日本人が同じような目に遭遇したら、日本のメディアも韓国のメディア同様に取り上げると思いますけど。

 

◆あのような英語を日本人は使わない
 「NO HATE TV」で野間氏が指摘をしていますが、張本人が着ていたTシャツは、主にパンク系の人々が身につける物らしい。であればパンク系のバンドなら、あのような言葉は歌詞の中にも頻繁に使われるし、ファンなども日常的に使っています。ですから不思議でも何でもない。

 

◆韓国人だって日本人にヘイト行為をしている
 こうコメントした人は具体的な例を何一つ示していないのですが、おそらく従軍慰安婦問題などを日本人に対するヘイト行為と言いたいのでしょう。よく見かける反日教育という言葉と同じですね。
 では、日本人が行っている「原爆被害を継承する行為」を反米教育とか、アメリカ人に対するヘイト行為だと、当のアメリカが言っていますか? さらには反米基地運動に対しても言っていますか? 嘆かわしい日本人たち(ネトウヨたち)が言っていますけどね。
 アメリカは原爆投下を一切謝罪していませんし、民間人殺傷を狙った無差別爆撃もしかりです。しかし東京大空襲に限らず空襲被害を受けた多くの都市が、後世に伝えるという作業をしているのは何のためですか? 罪であることを認めて謝罪をしてほしいと思っているからではありませんか?  
 韓国で行っていることを「反日教育」や「ヘイト行為」と非難するのなら、前述した日本人の行為も同じだと言わねば整合性が取れません。言い換えれば『論理的』ではない、ということになります。日本人の行為には口をつぐみ、韓国人の行為だけを非難する。ずいぶん身勝手ですが、欧米に限らずどの国どの民族でも、こういう人間が一番軽蔑されるのではありませんか?

 



民主主義を自力で獲得した国

 1988年のソウルオリンピックまで韓国は軍部独裁政治でした。言論も人権も弾圧されたのです。今の日本は、当時の韓国に限りなく近づいていると思えてなりませんが、その話は別にして、みなさんもご存知かもしれませんが、有名な『光州事件』が起きたのは1980年でした。その様子が、わずかですがNHKのニュースで流れたのを記憶しています。正直ショックでした。自分と同年代の若者たちが命懸けで戦っていたからです。それと比べて自分は・・・・と情けなくなったのを覚えています。

 

 それから30年以上が経ちましたが、現在の大統領の候補者は、いずれも軍事政権下で10代・20代を過ごした人たちです。ですから今の韓国を動かしている人たちは、自由や人権の尊さを肌で知っている世代と言えるでしょう。そして1988年以降に生まれた〝民主主義しか知らない世代〟が、もうすぐ社会の中枢に入ってきます。この世代の人たちは、当り前のことですが自由や人権の重要性を知っている世代に育てられました。

 

 その成果が色々なところに表れています。朴前大統領を弾劾に追い込んだデモも、その一つと言ってよいでしょう。それだけではありません。かつての韓国は、民主主義に関わる法律や制度などは日本を参考にすることが多かったようですが、ここ最近は違ってきています。例えば「取り調べの可視化」などですが、もう一つは韓国の投票制度です。日本より遥かに民主的なので正直羨ましい限りです。そのようなことを扱った最近の記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

 

大統領選の韓国 ソウルを行く 投票事情「ろうそくデモ」

 

 嫌韓と呼ばれる人たちは、日本の方が優れていて韓国の方が劣っていると、未だに思っているようですが、1980年代までは確かにそのような部分が多かったのは間違いないでしょう。しかしそれは、あくまでも民主的という部分が大半を占めていたに過ぎません。すでに韓国は民主化して30年が経過しているのです。少なくとも民主主義という点では、日本の方が遅れを取っていると私は考えています。

 

 そもそも、何をもって優れているとか劣っているとかを判断するのでしょうか。どんな民族や国であれ、長所もあれば欠点もあります。人間と同じなのですから、そんな観点で誹謗や中傷するほど愚かな行為はありません。ヘイトスピーチは、その最たる行為と言ってよいでしょう。
 昨年でしたか大阪で、ある寿司店でのヘイト行為が話題になりました。日本では低劣なコメントばかりでしたが、聞くところよると韓国では、この事件を韓国人にとって自虐的なコントにして「お笑い」にしたとか。もし日本の芸人が同じことしたらどうなるか? 凄まじいパッシングが起きるのでは、と思えてなりません。

 

 10代や20代の若い日本人のみなさん、韓国では民主主義の成果が確実に上がっていますから、その果実を知ったほうが良いですよ。もう彼ら彼女らは日本など見ていないのです。その態度には余裕すら感じてしまいます。
 バカなネトウヨや、事実を冷静に判断できない「自称保守」、または哀れな差別主義者の言動には惑わされないでください。あなた方が社会の中枢を担う年代になった時に付き合うのは、大統領を弾劾に追い込んだデモに参加した人たちなのです。地球が滅亡しない限り、韓国という隣国の存在が消えることはないのですから。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gogo33726rr.blog.fc2.com/tb.php/86-00502e5f

 | HOME | 

 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

カイトアキラ

Author:カイトアキラ
2019年は強権国家への道を阻むことができた最後の年だったと、20年後や30年後に言われているかもしれません。もっともその時、日本という国家または日本人という民族が存続しているのかわからないけれど。
今夏には参院選があり、同日選も取り沙汰されています。ここで、少なくとも参院選で与野党が逆転しなければ「安倍独裁」が冗談ではなくなるでしょう。けれども野党の動向を見ていると心もとないと言うしかありません。しかし諦めたらそれで終わりです。微力ながら発言を続けていきます。

電子書籍案内

お薦めです

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

できればプチっと


社会・経済ランキング

こちらも良かったら

カテゴリ

この国の未来 (164)
未分類 (0)

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん